puchipiyo hitorigoto

.....bird's &my diary
2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
FC2 managemented FC2 managemented

▽コメント

こんにちは!

ご訪問ありがとうございました。ピヨちゃんのお見舞いがてらこちらにペッタン♪♪
うちのまるは強制給仕をしなければならない程に衰弱したりしていない分楽なのかもしれません…
以前 先生と『まるがなつくなつかない』の話をした時に、ご飯も頑張って食べるし、体力のある子なんですね…と言ったら、
それでも何で急変して落ちてしまうかわからないんだから、こうして面倒見て貰えるのはこの子にとって良い事だったんだよ。
と言っていただいて嬉しく思った記憶があります。
良い悪いの紙一重の中で頑張るのは結構なストレスですね(;^_^A
私自身、もし嫌われたら…と曖昧な気持ちで看病してきたけど、完治することに専念すべきだったと今思います。
本当にまるには頑張って欲しいです。
意味もわからず辛い経験ばかりのまま落鳥してほしくないです。食べたり遊んだり、ごく普通の生活をさせてあげたいです。
コメント嬉しかったです。
ある意味ピヨちゃんも『発情』という爆弾を抱えていることになるわけですからRIEさん自身気の抜けない日々を送っておられると思います。
飼われている子というのは、飼い主に絶大な信頼を寄せてくれているのだな…って最近実感してます。荒のまるでさえ、通院中私の姿が見えなくなると一生懸命呼んでくれます。毎日イヤな思いばかりさせてるのに…『ここにいるよ』と声をかけると鳴き止むんですね。
これが答なんですよね。ピヨちゃんもぬいぐるみの出現など(笑)困惑の日々だろうけど、RIEさんの心配な気持ちや可愛いと思っている気持ちはしっかりと伝わっていると思います♪
飼い主はできる限りの努力をするとしても、側にいてくれる彼らを精一杯見守って裏切らないことが最大限私達に出来る事なんでしょうね。お互い泣き笑いの日々ですが、頑張りましょうね!!!

v-22ちょんちゃん
大変な時に来てくださってこちらこそありがとう。
ご飯を食べてくれるだけまだ安心・・とは言っても心配になってしまうことが山ほどありますよね。
私も無知だった頃は特に何もしてやれなくてあとで後悔した思いが幾度となくありました。だから次にもし病気になった子がいたら可哀相な事になってしまった子の分まで精一杯出来ることは全部やってあげたい、もしダメだったとしてもくいは残らないのではないかとそれまで必死にがんばります。
病気の子を1羽でも抱えているとストレスも溜まるよね。
でも、それ以上に苦しんでいる鳥さんを見ているのは辛い・・。
まるちゃんももっとがんばってもらいたいですね。
私も強制給餌とか、点眼とか無理にしなくちゃいけないとき、長くそれを続けていて嫌われて慣れてくれなくなったらどうしようって思うときもあったけど、なにより病気が治って元気になってくれるのが一番と思い心を鬼にして看護をした時もありました。それがうちではセキセイの「ゆき」。この子も始めはべたべたの手乗りだったのですが、今は長い闘病生活を続けていた為にほとんど荒の子です。
それでも仲良しのたっくんと一緒に遊んだり、ケージ越しでも可愛い姿を見せてくれたりして本当に可愛い♪病気さえさせなければ・・と思う時期もあったけど、我が家は今の形で幸せなのでそれでもいいと思ってます。
ピヨの爆弾は今日暴発しました・・(汗)
でもあれだけきつく先生に次にたまごを産んだら命の保障はない・・と言われていたのに、不幸中の幸い大事に至りませんでした。これを何度も続けていては負担も掛かるし、本当に次こそまずい事になるかもしれない・・と思うと不安です。
ピヨと私の信頼関係は崩れない・・っていうのは私自身自信があります。ピヨもそう言ってるもの♪お互いに通じ合えてるって思える瞬間は幸せですね。
お互いにまだ油断は出来ないけれど、最後まで諦めないでがんばっていこうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。